078-222-2249 info@ataracia.com

ヘンプと人類の歩み

大麻草と人類の歴史はとても長い

 

大麻と人類との歴史は長く、2700年前に中国で薬理作用を目的としたとされる大麻が発掘された例が最古だと言われています。薬草や衣類、嗜好品としての使用の歴史は長く、特に薬品として、ヨーロッパの上流階級間でも使用が活発になり、ヴィクトリア女王は生理痛の緩和に使っていたとも言われています。

 

日本においても、麻は古くから身近な植物。

 

日本においても麻の歴史は古く、私たちの身近なものにも麻は使用されています。1900年頃までは、繊維素材の他、種が食用にされていた歴史も残っています。

麻は、特に日本の神道とは切り離せない関係にあり、古くから神事に用いられてきました。締め縄に用いられたり、その繊維を用いて、神々に献上する布が織られていたほどです。

麻が由来の身近なもの

-七味唐辛子-

七味唐辛子に含まれる麻の実。もちろん、「大麻取締法」の中で許可された範囲内で大麻の種が使用されています。

-衣類-

さらっと着こなせ、仕立てによって一年中楽しむことができる素材、麻(リネン)もまた麻由来です。

-しめ縄-

麻は古くから神道に関わることが多い植物だったと言われています。

日本発CBD製品誕生。

 

ataraciaは日本発のCBDブランドです。
製品は全て、大学教授監修。
安心安全のCBD製品をお届けしています。